縦裂FNO

VS生活。俺はポエマー

創作『幹部たちの死』

1.寝坊と死刑

オウム真理教の元幹部たち、死刑執行されたな、7人一気に。」

「されたされた。でもなんか不思議な気分だよなぁ、だって子供の頃、麻原がテレビ出たりしての覚えてるぜ。しかも選挙に出たりしてさ、選挙カーの上で変なうた歌って。そんな人たちがバイオテロ起こして首にお縄だもんな。」

「しかも昨日、麻原の死刑執行日の詳細も公表された。」

「大人しく受け入れたのかな?」

「だと思うよ。というか、朝7時40分に『出房』って言われ刑務官に連行されて8時には執行されてる。死を恐れる時間すらないぜ?」

「そうかな?たぶん目が覚めた瞬間、既に遅刻が確定しているときの気分に近いと思う。ただひたすらにどうしようもなくて、冷や汗だけが出てくるあの感覚だよ。」

「あー、それか、わかる。『やべぇ!どうしよう!』とか考えてる間もどんどん遅刻しているわけだけど、それと同じで『え?おれ今から死ぬの?』って考えてるうちにどんどん執行の準備が進んでる。」

「だからそういう感覚を抱いたまま死んだんだと思う。」

「寝坊してベッドの上で言い訳や仮病で休むこと考えているうちに死ぬようなものか。」

「恐ろしい!」

「ゾワゾワする。」

 

2.心配しないで

「先日死刑が執行されたオウムの幹部の中に井上嘉浩という人がいた。知ってる?」

「髭の人でしょ?なんか顔つきで覚えてる。」

「そうそう。その人が執行される直前に言った言葉が『お父さんお母さん、ありがとうございました。心配しないで。』だったんだよ。この『心配しないで』って発言がなんか形容しがたい変な空気を帯びていて、それが引っ掛かるんだ。」

「確かに生々しいとも痛々しいとも言えない感じがあるね。そもそも何に対して『心配しないで』って言っているのかが分かりにくい。」

「そこだよ。自分の死に対してか、これから世間で起きることに対してか、あの世でのことか、いろいろ考えてしまう。」

「特定のことに対してではないのかも。『執行のとき怖かったんじゃないか』とか『地獄で苦しんでいるんじゃないか』とか、普通親が考えてしまうそういった事柄に対してすべて『心配すんな』と。」

「ただ、最後の最後に『まずは、よし』って言ったらしい。だから死後の世界というか、自分の死後に対するイメージみたいなものがあったのかもしれない。でなけりゃこれから死ぬのに『まずは』なんて言葉を使わない。』

『死刑が確定した日から何百回、何千回、何万回と繰り返してきた執行のイメージから派生した自分なりに完結させるべきものの手順があったのかもしれない。』

『それでちょっと話変わるけど、この井上って人はGoogleで検索すると少年時代にNHKに出演したりしてて、その時の画像が出てきたりする。」

「見せて。」

「これ。」

「可愛い少年じゃん。」

「そうなんだよ。こんな目をキラキラさせた少年が死刑になったんだ。だからなんか上手く結び付かないんだ、いろんなことが。ちなみにこの人のWikipediaを見るとけっこう人間的な人だったんだと感じられる。」

「帰りの電車で読んでみるよ。」