縦裂FNO

日々、見るもの流れゆく物の例え。

睡眠不足のサカナ。最期に見る夢。

植物は昼に光合成を行い酸素を吐き出す。夜は呼吸で二酸化炭素を吐き出す。
こう習ったときに、植物も寝るのかなと思った。別に光合成や呼吸が睡眠に関係あるわけじゃないけど、なんとなくそう思った。
枯れてしおれる前に新芽の頃の夢を見るのか、雨が降らなければ梅雨のひと時を夢見るのか。

金魚を飼っている時に「あ、今寝てる」って思う事があった。サカナに表情は無いけれど、ボーッとしたような顔つきで、惰性だけで泳いでるような。
トンッと水槽を突くとビクッと泳ぎだす。しかしまた、すぐにボーッと寝ぼけ始める。

茨城県の沖合いにイルカが打ち上げられたニュースを聞く。なんとか海に帰したそうだが、数匹がまた戻ってきて打ち上げられた。
やっぱりイルカはバカなの?なんて声が聞こえる。僕はイルカが寝不足だったのではないかと思う。ついウッカリってやつ。イルカはそんなにバカじゃない。

生まれつき目が見えない人はどんな夢を見るのだろう。音しか聞こえない夢なのか。音しか聞こえなくても怖い夢を見たり、楽しい夢を見たりする事はあるのだろうか。

サカナやイカは瞼が無いけど、寝てる時も何か見えているのか気になる。

一昨年、危篤の親戚を見舞った時、何か夢を見ているようだった。人生最後の夢くらい幸せな夢が見たいなと思った。